キャッシングで在籍確認の電話なしで借りれる消費者金融はどこ?

キャッシング審査で職場への在籍確認の電話連絡なしで借りたい方へ

 
在籍確認なしのキャッシングをしたいと検索してる方に朗報です!
在籍確認の審査は必須ですが、電話での在籍確認ではなく、代替の書類にて通過できる借り入れ方法があります。

↓在籍確認の電話なしでキャッシング↓

 

↑書類で在籍確認する↑

プロミスなら電話確認なしキャッシングやカードローンが可能!

最近の職場や派遣会社などでは個人情報保護などから外部からの電話を取り次がない企業も増えていますし、様々な事情で勤務先に電話連絡をされると不都合な方もいらっしゃいます。

 

または勤続年数が5年以上で長い方の場合は最初から在籍確認がない場合もあります。いずれにしても、電話による職場確認をされたくない場合は、上記のWEBキャッシング申し込みを済ませたら、そのあとにプロミスやアコムなどの消費者金融から携帯電話へ本人確認の連絡がきますのでその際にでも「書類で在籍確認を希望する理由」を伝えましょう。

 

これといった理由が思い当たらない場合は会社が外部からの電話を取り次がない、などといっておけばOKでしょう。

 

そうすれば電話確認なしの代わりとして、会社員であれば社員証か保険証、アルバイトや派遣、パート、フリーランス、自営業などの方で、社員証などがない場合は収入証明書か給与明細など勤務先がわかるような書類をFAXかWEBで送信するだけでOKです。

 

この方法なら会社が休みの土日や大型連休などでも即日すぐにキャッシングやカードローンができるので、週明けまで待たなくても済むので一石二鳥です。

 

また、電話での在籍確認をする方でも場合によっては土日すぐに即日借りたい方であれば、5万くらいまでの少額をすぐに融資して、週明けに在籍確認をする場合もあるようですので、結構融通がききますので、遠慮なくプロミスやアコムなどの消費者金融側に希望を伝えてみるとよいでしょう。

 

でも実は!職場にかかってくる在籍確認の電話、個人名でかかってくるので消費者金融からという事は一切バレないのです!

上記に記載したように、書類などで在籍を証明すればキャッシング審査に通る事は可能なのですが、消費者金融の担当者の名前でかかってくる為、会社の人達にキャッシングやカードローンをする事はバレませんのでご安心ください。

 

それでも不安だという方はやはり書類で在籍を証明すればいいかと思います。
ちなみに在籍審査の時間は自分が好きな時間を指定出来るので、詮索好きな上司がいない時間がいいな、等都合に合わせてリクエスト出来ます。

 

キャッシング在籍確認に関するよくある質問

 
電話確認なしキャッシング・カードローンは派遣やバイトでもできる?

はい、上記にも記載したように、会社員以外の方であれば勤務先名(派遣の方であれば派遣元の会社名)がわかるような書類か、給与明細、もしくは収入証明書などを提出すれば
職場への電話による在籍確認なしで借りることができます。

在籍確認の電話ってどんな内容なの?

実は在籍確認の電話は恐れるようなものではなく、拍子抜けするほど簡単なものなのです。

 

在籍確認の電話自体は、個人名でかかってくるので、実際は周囲にばれてしまうような電話ではありません。内容としても
住所確認だけで終わるのでものの数分で終了しますし、自分が不在の場合であっても誰かが不在であることを伝えてくれるだけで
在籍確認OKとみなされ、審査は完了しますので、それ以上は職場に電話がくることもありません。

在籍確認の言い訳ってどんな内容がいい?

職場に電話がかかってくる場合の在籍確認の言い訳として人気なものをいくつか挙げます。

 

1、銀行からのマイカーローン、住宅ローン、学資ローンなど
2、クレジットカードを作ったのでその在籍確認として
3、保険会社からの電話

 

などを言い訳として使ってる方が多いようです。
要するに心理的に消費者金融とバレなければOKなようですね。

 

電話による在籍確認なしキャッシングが人気になってきた背景として・・・

 
消費者金融などでカードローンなどの契約をすると必ず在籍確認が行われます。
これは、無担保融資であるカードローンなので、返済原資は契約者の給与収入だけです。

そのため、給与収入が確実に得られていることを確認するために勤務先に電話をして契約者本人がいるかどうかを確認しているのです。

 

これは、どんな銀行も消費者金融も実施していることです。

 

しかし、最近在籍確認の方法がちょっと変わってきました。今も昔も主な方法は、勤務先の会社に電話をして、本人が電話に出ることを確認する方法でした。

 

しかし、最近では保険証や給与明細を確認することで在籍確認をするケースが増えてきました。これは、職場に勤務時間内に電話をされることを嫌がる人が増加していることが原因です。

 

勤務時間中の私用電話を禁止している会社に勤めていると、金融機関のカードローンを利用する事ができないということになりますが、それでは利用者が増えません。何とかいい方法はないかと考えられた結果が保険証や給与明細の確認です。保険証は退職すると取りあげられるため、持っているという事実だけで勤務していることを証明することができます。

 

また、給与明細は確実に給与をもらっていることの証明になります。
職場に電話をしても実際にいくら給与をもらっていることがわからないことと比べると、こちらの方法の方がより確実な審査ができるとも言えそうです。このように書面による在籍確認の方法が最近消費者金融を中心にして増加傾向にあります。

 

職場への在籍確認の電話は、後で同僚や上司から奇異の目で見られることになることが多く不評です。これを省略するだけで申込者数が増えています。新規顧客獲得のためには大きな手段と言えるでしょう。