クレジットカードの利用履歴と審査の関係

クレジットカードの利用履歴と審査の関係は?

 
クレジットカードの利用履歴とは

消費者金融の審査は個人信用情報機関に記載された信用情報を閲覧し申請した方の以前の履歴を調べます。その個人信用情報機関に記載された物の中にはクレジットカードの使用経歴も残されているので、消費者金融の審査はその様な箇所も調べられる事になります。

 

クレジットカードと消費者金融は無関係に考えられると思う方が多いですが、本当は審査で関係が大きい箇所です。反対にクレジットカードを発行する時の審査でも消費者金融での融資があるかないのかも調べられますので、消費者金融とクレジットカードの履歴は審査では大きな理由があります。

クレジットカードの使用状況は共有される

個人信用情報機関は独立している機関ではなく、昨今の日本では、

【JICC】
【CIC】
【JBA】

この様な3つの信用情報機関があります。そのなかで、消費者金融業者が入っているのはJICCですが、クレジットカード会社はCICに入っています。

 

このことから、クレジットカードの使用状況はCICに記載されていて、消費者金融が入っているJICCとは違う期間が持っています。

 

消費者金融に借り入れ申請をする時には、この様な個人信用情報機関に必ずデータを記載する事になります。それはクレジットカードを作る時にも同様の事が言えますが、詳細には個人信用情報機関は同じではない機関となります。

 

消費者金融もクレジットカードも記載されている情報は共有できますから、クレジットカードの使用状況に対しても消費者金融業者が審査で調べる事が出来ます。

クレジットカードの使用状況の審査の関係

消費者金融の審査で調べられるクレジットカードの使用状況ですが、審査基準は以前の返済履歴です。そこは延滞したかのかもですが、まずはクレジットカードを所持しているか所持していないのかも大きな情報になります。

 

それは、クレジットカードを所持していない方の時には以前に金融事故等があってカードの申請が不可という状況もあるからです。たとえば以前にクレジットカードの使用状況があればいいですが、違う場合には金融事故があるのかないのかも確認が必要です。

 

この様な審査での調べられる箇所にも関係があるので、クレジットカードの使用状況には大切な情報です。