消費者金融の金利について

消費者金融の金利について紹介します。

 
消費者金融で融資を得る際、借入可能額については審査の際に決められます。
その際に、消費者金融では、融資金額に合わせた金利を算出し、算出された利息を合わせた金額を返済してもらうシステムになっています。

消費者金融で適用される金利は、実際の借入金額によって変わるシステムになっていて、多額の融資になるほどに適用される金利も低くなっていくのが通常です。

 

審査で決定される融資の金額、なので適用金利も審査で決定すると考えてもいいでしょう。消費者金融の審査と金利。利用する消費者金融が初めての場合、その業者間との信用関係はゼロからのスタートですので、借入金額に適用される金利は消費者金融業者が設定している上限金利となってきます。

 

同様に、融資の金額についての審査でも少額であることがほとんどの為、必然的に適用される金利も高い金利になります。

 

とはいえ、
消費者金融業者との取引内容によって審査内容や適用されるものが変わってくることもあります。

 

スムーズな返済を継続できれば、信用度の高い人物として判断され、次回以降の限度額を増減できる可能性も出てきます。そうなれば、金利も低い設定で借りられるようになるかもしれません。

 

ただ、増額ついても審査を通ってからのことになるので、金利についてもその際に決定されます。

 

消費者金融の金利は高い?

消費者金融から借入をする際に適用される金利は、通常高めの利率設定とされています。

 

銀行などから借入をする際と比較をすると、確かに消費者金融の金利は高い利率であることがほとんどですが、返済する際の支払う利息が関係していることを考慮すると金利が低い方がいいのは一目瞭然です。

 

この金利の高さは、消費者金融が誰でも気軽に利用できることや、土日祝日での審査が可能であること等の業者側の手数料等の事情も影響していると考えることができます。

 

また、気軽に借入ができる反面、返済遅延のリスクも高い可能性があることから、消費者金融の金利の高さは、リスクヘッジの一つだといえます。

 

高い金利が定められる理由の一つに、消費者金融だからこその利便性やサービスを受ける為に必要なコストがかかる事が考えられます。