利用限度額は審査で決まるの?消費者金融の増枠申請は難しい?

利用限度額は審査で決まるの?消費者金融の増枠申請は難しい?

 

消費者金融に申し込みすれば制限無く借りられる訳ではありません。

 

借りられるのは利用限度額の範囲までとなっています。

 

消費者金融にもよりますが、最大500万円といった高額な利用限度額を用意するカードローンが見られます。

 

誰でも最大の利用限度額が設定される訳では無いため、どう決めているのか気になる事がありました。

 

審査によって決めている

消費者金融の審査では返済能力を重視しています。

 

年収や職業、雇用形態、勤続年数など様々な属性を返済能力の判断材料として用いています。

 

属性が高いほど返済能力が高いと判断され、利用限度額が大きくなります。

 

逆に属性が低いほど利用限度額が小さくなっていきます。

 

新規申し込みされた方はまだ利用実績がゼロの状況です。

 

利用実績ゼロの場合、一定以上の返済能力があっても利用限度額は抑え目に設定される事が多くなっています。

 

最初は10万円から50万円ほどの利用限度額だと思ったほうが良いでしょう。

 

足りない場合は増枠申請ができる

一度設定された後でも、足りない場合は増枠申請を行う事が可能です。

 

申請が認められた後は今より利用限度額が大きくなるのです。

 

この増枠申請後にも審査が実施されますので、無条件で増枠される訳ではありません。

 

利用実績ゼロでは審査に通らない事が多いため、半年以上の利用実績を作ってから申請したいところです。

 

優良な利用実績を作った上で年収が増えた、アルバイトから正社員に登用された、勤続年数が増えたなど属性が高くなったタイミングで申請すると審査に通りやすくなります。

 

ただし利用実績を作っている間に返済の遅延を行ってはいけません。

 

審査に落ちた後、すぐに再申請を行わないで下さい。

 

まとめ

利用限度額は審査で決まる、足りない時は増枠申請ができる事を説明してきました。

 

優良顧客の場合は消費者金融から増額の連絡が入る事があります。

 

この場合も審査が行われますが、自分で申請するより通りやすいです。