総量規制対象外でも借りれるカードローン・キャッシングはあるの?

総量規制対象外でも借りれるカードローンやキャッシングはあるの?

 
カードローンを借りようとすると年収をチェックされます。
消費者金融などは、年収の3分の1を超える貸付ができませんからこのように言われるのです。

ただし、この総量規制は自分が借りようとする消費者金融だけの借入残高の制限をしているわけではありません。この規制は他の無担保融資の合計額が年収の3分の1を超えることができないという規制なのです。

 

しかし、この制限は貸金業法という法律に基づくものであり、この法律が適用されなければ関係ありません。

銀行は銀行法という法律に基づいて営業をしているため、総量規制対象外と言われています。JAや信用金庫なども同様にそれぞれの業法があり、その法律に基づいて営業をしています。

 

では、総量規制の影響を受けない金融機関であれば、必ず年収の3分の1以上の借入残高を審査で通すかと言われれば話は別です。

 

ちょっと考えていただければお分かりでしょうが、どこの金融機関でも貸付の際には審査をします。人によっては銀行系カードローンで年収の3分の1以上の融資限度額を設定してくれたと言われることがあります。

 

しかし、それはその人の審査をした結果、年収の3分の1以上の与信枠をつけることができ、かつ他に大きな借入がない場合のことです。与信枠をつけることができない人に対して貸付をすることはできません。

 

とはいえ、消費者金融や信販会社のように貸金業法の規制を受ける金融機関でなければ、総量規制のことを考える必要はありません。

 

総量規制対象外のカードローンやキャッシングであれば、自分の信用をフル活用した審査を受けることができます。当然審査結果によっては年収の3分の1以上の融資限度額をゲットすることができます。